読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武士の武に俊敏の敏 ~From安曇野~

安曇野での自転車トレーニング日誌

6/5 ヒルクライム・イン・王滝村

レース
長野県木曽郡大滝村にて開催されたヒルクライム・イン・王滝村に参加しました。
長野県は探せば本当に大会がいっぱいあるなぁと思う今日この頃、
この翌週にあの有名なMt富士ヒルクライムがありますが仕事のため参加できないのでこの大会にエントリー、
 本来なら当日入りで参加する所をアンディさんのお誘いでSHOWAサイクルのヒラツカさんの奥さんのご実家がレース会場のすぐ傍なので宿泊させていただけることに!
前日午前中に軽く脚を回してからアンディさんと合流、ヒラツカさんの奥さんのご実家へ、びっくりするくらいのおもてなしに感激!豆腐ハンバーグうますぎ!
ありがとうございましたm(._.)mこのご恩はきっとどこかで、、、

レース開始は8時、5時起きでゆったり準備7時前にアップがてら30分ほどコースの下見に行く。コースレイアウトは距離23kmで平均勾配は5%ちょいと緩めと聞いていたが最初の3kmがど平坦のためそれを除くと勾配は結構あった、
アップを終え、スタート地点に行こうとした際にこの日最大のミスを犯す。
スタート地点は御岳湖(周回コースが組める)の周辺にあるのだが完全に反対方向に行ってしまった、、
地形が全く頭に入っておらず途中にいた交通規制のおじさんにスタート地点を訪ねると反対方向だしあと15kmあるよ〜という回答、
スタート8時でこの時点で時刻は7時45分、60km/h巡行しないと間に合わないじゃん、、、
ただこの周回コースって一周12kmくらいとアンディさんに聞いていたので、このおじさんは嘘をついているはずだ、と固く信じて今度こそスタート地点に戻る、これでレース遅刻したら泊めてくださったヒラツカさん達に申し訳ないぞと体感50km/h巡行で踏みまくると8時2分にスタート地点に着いた。終わった、、、と思ったらまだスタートしてない、ゴール地点の天候が思わしくないのでチャンピオンクラスや年代別などの全クラスを一斉スタートにすることになり、スタート時間が8時10分に変更されたとのこと、この時の安堵感といったらもう、、、
この時点では参加できることが有難く、脚はプルプルで身体は汗だく、当初着ていたウォーマー類をサポートに回ってくださっヒラツカさんに預けてしまった、本日のミス2つ目

レースが始まると3kmほどの平坦路をパレード走行する。自分がエントリーしたチャンピオンクラスは14名ほどの参加だがイナーメの高岡さん、筧ゴロウさん、昨年乗鞍2位の矢部さん、20分6倍の天狗党、森田選手等有力どころがどっさり、
リアルスタートが切られたすぐの所でヒラツカさんご家族皆様が沿道で応援してくださったのでスタートアタックかまして手を振る、今日のハイライトである
その後は森田選手のアタックに反応して先頭は4名に、自分、矢部さん、森田選手、柘植選手
ただこの中では矢部さん、森田選手が力があり、自分等は着いて行くの必死!
矢部さんにペースアップを再三かけられ、何度か離れたり、追いついたりを繰り返すがとうとうしっかり離されてしまう、同じく離れた柘植選手と走るも、ここからも離れてしまう、何とか4位を死守し、誰か溢れてきたら表彰台が狙えるぞと頑張るも逆に後ろから来た高岡さんともう一人に抜かされた、、、途中から雨も結構強めに降ってきてウォーマーなしの身体には堪え震えながら走る、気持ちも切れて最後の直線には年代別の選手にも抜かれ、結果としてはクラス6位、総合9位、あとこのレースは3人1組でチームを組めるのでアンディさんと ウッチーさんとで申し込み、チームの部では2位だった。アンディさんは年代別で2位と復調の兆しが!
全て表彰対象になったのは良かったが自分のレース内容はイマイチ、スタート前に脚を使い過ぎない、ゴール付近の気温を考えた装備を、という反省を次に活かしたい
f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20160619154634j:image
遠征自体は非常に楽しく、王滝村の人々の優しさに触れた良い時間を過ごせた、今度は結果も求めます!笑