読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武士の武に俊敏の敏 ~From安曇野~

安曇野での自転車トレーニング日誌

4/16 ツールド八ヶ岳

今シーズン初ヒルクライムのツールド八ヶ岳、今回初参加だが自宅から車で1時半ちょいと近くて助かる。

国道で日本第2位の標高を誇る麦草峠を目指し、25km(実際は23kmちょい)平均勾配約5%の緩斜面を走るコースレイアウト

当日エントリーリストを面子が濃い、ゲストライダーのマトリックスのホセと田窪選手を筆頭に優勝候補のグランペールの田中さん、E1ヒルクライムでよく勝ってる中村選手、そして全く参加を知らなかったチームメイトのヒラバヤシさんetc.と盛りだくさん

当日は天気も良くローラーでアップする予定だったが実走することに、コースの序盤を試走を兼ねて走る、身体は思ったより動かないしパワーが出づらい、標高の影響と思うことにする

スタート地点ではヒラバヤシさん達とおしゃべりしながらリラックスしてスタート、展開はシンプル、ホセの一本牽き、それだけ、途中ヒラバヤシがスルスルと上がって行くのに合わせて自分も前に上がるが、開始5分で超辛い、前はホセ、田窪選手、田中さん、中村選手が抜け出し、3位集団に残るも、開始10分でそこからも遅れる、最終的にヒラバヤシさん率いるパックで走る時間が最も長く、最後も垂れながらゴール、順位は12位と大惨敗、、、会陰部がとにかく痛かった、サドルが低すぎるのか?

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170417210046p:image

優勝は田中さん60分台、オープン参加のホセは59分台で一時間切りを宣言通り達成、凄い!!と同時に自身の力不足を痛感しながら下山、スタートから15km地点で表彰式があるが自分は表彰対象でもないのでヒラバヤシさん達と下山、表彰対象外の者の特権とばかりに速攻で帰宅。2時半くらいには帰宅し、反省走に繰り出す。途中でサドルを3mmほど上げると良い感じに走れた。今年はポジションを頻繁に弄っており、完全に沼にハマっている、早く自分に合ったポジションを見つけたいところだ

今後はとにかく練習のボリュームを増やして高い強度を長い時間過ごせるようにしなければ!