武士の武に俊敏の敏 ~From安曇野~

安曇野での自転車トレーニング日誌

赤城山ヒルクライム JPT 14位

自分の中で今年最も重要視していた今回のレース、JPTではヒルクライムレースはみやだと赤城山の2つのみ、

みやだではスポークが折れて実力を出し切れなかったので今回こそ上位を目指したいところ

このレースはホビーと実業団の併催で競技の開始が早く6時55分スタート、、、

安曇野からは車で3時間はあるので遅くとも3時には家を出なければならない。

とりあえず19時半には寝ようとしたが慣れない時間なので1時間程しか眠れなかったので0時過ぎに家を出た。途中で仮眠を挟みながら4時に開くJPT用の駐車場に着く。やることもそれほどないので5時半くらいまでダラダラする。チームメイトの青木さん、平林さん、中田さんもそれぞれ揃う。ヒルクライムなのでチームとしての作戦もなし、強いて言えばUターンしないこと笑

 

下山用の荷物を預けたり知り合いの方と少し話したりして6時前にはローラーでアップを開始、寝不足感はないけどいつもより少し長めに30分ほど、アップは何が正解かは未だに把握していない笑

この日は1分上げる5分流すを2セット、気まぐれに2分頑張りあとは流すだけ、こんな感じでもそこそこ身体が暖まる、というか快晴なので暑い笑

6時40分くらいにはスタート地点に青木さんが場所取ってくれて凄く助かりました。ありがとうございますm(_ _)m

自分の中での作戦?考え?としてはとにかく無駄足を使わない、その上で常に集団前方に位置どる、これだけ

格上ばかりのカテゴリなので、どれだけ脚を温存できるか、また、このカテゴリだとどうせ某ホセ・ビセンテ辺りがエゲツないアタックをするに決まっとる、そうすると集団は一列棒状、九十九折に入ればさながらクリテのように後方が辛いのが目に見えとるので上記を肝に銘じる

 

700mのニュートラ区間を経て、リアルスタートが切られる。全長21.5kmのコースだがこのニュートラ区間も計測されているので少し切ない。このコースは序盤は緩斜面なので圧倒的集団有利、ヒルクライムとは思えない程のハイペースだが集団前方に潜み、脚を使わず距離を消化する。この時ナルシマの若手の選手が積極的に前で展開しており、同じくナルシマのオバタ選手がご立腹で集団が少し和んでいた。

集団先頭はマトリックスパワータグの全選手が位置どりホセビセンテの為のトレインを形成している。その最大のライバルである宇都宮ブリッツェンはエース増田選手の怪我、若手の双璧である岡、雨澤両選手の世界選手権出場による欠場でマトリックストレインの後ろで大人しく待機しているような印象を受けた。

 

マトトレインのおかげで変なペースの上げ下げもなく快調に距離を消化し続けている。ペースがかなり安定しているので当然自分には辛いのだがなんとかついていけてる。中間点を過ぎてもマトトレインは人数を減らしながらも相変わらず集団を率いている。

13km地点あたりでホセが満を持してアタック、これにより集団は崩壊。ここが今回の最大のターニングポイント、ホセに着いて行くことは自滅の道、他の選手の出方を伺う。ブラーゼンの吉岡選手は躊躇いなくホセを追う、リオモの米谷、マトの田窪選手もそれに続く。少し間を置いてシマノの湊選手もブリッジを仕掛けた。自分はここをスルー、今にして思えばこれに着いていけば入賞が見えたのか、、、

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170928205247j:image

シクロワイヤードより

 

第2追走集団に入る、この集団はイナーメの佐野さん、ブリッツェンの鈴木譲選手ブラーゼン、VC福岡、エルドラの選手等がいた。この集団なら着いていける。なんとか着いていける。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170928205332j:image

着いていけてる

 

悪くないペース、尚且つ見晴らしの良いコースなので前方の第1追走集団が視界に入る。このことにより第1追走集団に追いつきたい選手がアタック、これにより自分とエルドラの選手が遅れる。今思えば自分にとってここが最大の反省点、アタックがあっても我慢さえできればペースは必ず落ち着くのに、、、気持ちの弱さが出てしまった。

エルドラの選手と回して追いつこうと思うもあまり前に出てくれない。当然だがお互い疲れている、ただ単独で千切れたわけではないので極端にペースが落ちるわけでもない。残り3km地点あたりで二人で淡々と走っているところを後ろからフィッツの野口選手に追いつかれる。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170928205403j:image

追いつかれてしまった

 

もうここからはこの中の誰が先着するか、ペースが上げ下げ、牽制を経て進んでいく、誰かが立哨の方に「あと何km!?」と尋ねるとあと1kmとの返答。そんな訳がない笑 自分のサイコンは本日調子が悪くちょこちょこタイマーが止まり正確なタイム、距離がわからないが明らかに2kmくらいはある。「今の本当?」「いやもっとある筈、、」と更に牽制に拍車をかけペースが落ちる、ラスト1kmの看板を過ぎた辺りでブリッツェンの飯野選手とマトの安原選手に追いつかれる。牽制し過ぎたせいや!!と思うもこれも自分の責任。ラスト400mくらいからスプリントが始まるも圧倒的にスプリント力がない自分は5人集団スプリントの5着に沈む、、、

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170928212822p:image

圧倒的スプリント力不足

 

後で分かったがこの集団の頭(野口選手がとった)は10位だった。このことにより目標だったトップ10が達成できなかったことを知り、落ち込む。それでもJPT14位は自己最高位、高ポイント圏内だし、今まで一度も勝ったことがないリオモのサイタさん、同じくリオモで大学の後輩の横塚より先着したことは素直に嬉しい。

それでもやはりモヤモヤしてしまうこの気持ちは、来年の課題として受け止めたい。

スタートが早かったので、10時には会場を去る。その後は群馬にてサークルの先輩の迫さんの家に寄って一緒にサイクリング。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170928212312j:image

我がサークルはサイクリング同好会としてはかなりの戦闘力を誇っていたが、その中でトップクラスのフィジカルをこの人は持っていたと思う。今回も一緒に走って最近練習を再開した割に普通に強い。マッスルメモリーというかやはり昔から乗っていた人は戻るのも早いんだなと感じた。迫さん、群馬のコース色々教えて頂き誠にありがとうございますm(_ _)m

来年はJPTに速攻で上がってブイブイいわせてください笑

 

非常に冗長な内容となっしまったが、次回のレースは輪島ロードレース、第10回を数える同大会だが残念ながら今年で最後とのこと。最近割と登れているので、完走を目標として落車しないように頑張りたい。

その為には先ずはコンパクトクランクを交換することから始めよう笑

 

 

 

 

 

 

 

 

山形村ヒルクライム

正式名称は、全日本学生ロードレースカップ第4戦山形村ヒルクライムラウンドとのこと。

 

普通は学生のレースに社会人は出ることが出来ないが、このレースに限ってはエントリーさえすれば出場可能。学連のカテゴリ分けはクラス1〜クラス3の3つで実業団登録の選手のPとE1はクラス1で出走とのこと。

エントリーリストを見るとクラス1は自分含めて7人という少なさ。先週がインカレだったことありこの人数、ただ自分は去年もこのレースに出てクラス1の人数は少なかったがボロボロの成績だったので侮れない。今年の狙いはあくまで赤城山ヒルクライムなので今回のレースの位置付けはトレーニングレースだが、とりあえず表彰台を目指していけばきつい良い練習が出来るだろう。

レースは8時45分スタート、5時半には起床して朝食を軽く食べて7時前に現着。自分としては余裕を持った行動が出来たが準備等に手間取り、アップは10分も出来ず、、、

会場からレースのスタート地点がバイク先導による移動なのでこれをアップの足しにする。

 

レースコースは6.5km、平均勾配8.5kmでラスト1kmちょいは石畳と激坂がマッチしたエグめな感じ、今回のレースはこのコースを3回走り、その合計タイムを競う。

 

・1本目

クラス1は一番前からスタートできるのでスムーズ、ゴリゴリ行こうと決めていたので早目にアタック、日体大の選手が一名ついてきたので二人で回す。

4kmくらいから単独になり、石畳に突入。これイケるか⁉︎と思うも残り50mで二人に捲られて全体3位、クラスでは2位。先着されたのはクラス1の立命館大学の北野選手、同大会2連覇中。10秒以上離されたので次で挽回しないと勝てない、、、

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170910223300j:image

単独走の図、信州ふぉとふぉと館様より

(以下のレース、表彰式の写真も同じ)

 

・2本目

1本目にガンガン行ったので、2本目は最初からは上げない。北野選手からどれだけ差をつけられるか?

序盤に4人程先行するのを見送り、下り区間でアタックしてジョイン、北野選手が付いてきたが、その後メイン集団に下がって行った。イナーメの筧選手と日体大の岡部選手の3人で石畳まで行き、今度こそイケるか⁉︎と思うも再び石畳で垂れる。北野選手と京大等にも交わされる。クラスではまたも2位。筧さんに石畳区間でタイヤが跳ねてるので空気圧を少し落としたらとアドバイスを受ける。感謝です。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170910224032j:image

2本目、逃げ集団の図

 

・3本目

よっぽど垂れなければクラス1で2位以上は決まったけど北野選手に更にタイムを離されてしまった。空気圧を下げて石畳勝負の作戦。

スタートは2本目と同じで穏やか、その後は集団で脚を使わないように走るがそもそも脚の疲れが顕著。まぁ皆辛いだろうと誤魔化しながら走る。途中、2人前に位置していた信大の西部が前走者の後輪にハスって落車、登りでスピードも緩かったので難なく交わす。最近調子が良さそうだったのにもったいない、、、その後は京大のクラス2の二人が飛び出すが、クラス違うので放置、というかつけない笑

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170910224732j:image

3本目、徹底的に北野選手マークの図

 

石畳に入り、さっきより走りやすいが脚が終わっとる。北野選手には付けず、離される。日体の岡部選手にも先行され、全体4位、クラスで3位、3本の合計タイムでクラス1の2位が確定した。

 

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170910225220j:image

表彰式、1位にはGTローラーが!羨ましい笑

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170910225818j:image

特別表彰、高校生の1位と、社会人の1位、イナーメ中畑監督、ありがとうございます!

このように表彰対象が多く、賞品がたくさんの嬉しい大会でした。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170910230316j:image

豪華賞品の数々!

 

更に表彰式が終わった後は事前に配布された清水高原ハイランドの昼食・温泉無料券で食事と入浴もできる至れり尽くせりの大会。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170910230959j:image

昼食もしっかり食べられます。

 

クラス1の学生は強いので、出るには脚をしっかり鍛えとかないと辛いけど本当に良い大会。また来年も出たいなぁ

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170911075320p:image

 

 

 

 

夏の終わり、9月の始まり

9月になった途端に涼しくなってきた。いやむしろ寒い

 

9/1(金)は朝練で一時間ほど山麓線を流す。出発は6時半くらいだったが半袖短パンで飛び出すと最初の5分は鳥肌立ちまくり、サイコンを見ると13℃を表示、これから登坂練に向かう時はウィンブレ等上に羽織るものを持ってかねばと感じた、、、

乗鞍の時に攣った?攣りかけた左脹脛がここ数日の日常生活において張りまくりで辛い、しかしチャリに乗る時はそこまで辛くない。まぁ流しだけなので強度を上げた時にどうなるか、、、

 

9/2(土)

10時くらいから予定があるので、早めに練習と思ったが寝坊、美鈴湖バンクにてインカレがやっているのでそれを見るためにも美鈴湖まで40km程サイクリング

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170904211416j:image

学生はいいねぇ

 

9/3(日)

この日は午前中は仕事、午後一息ついてから、山形村ヒルクライムの試走へ

6.5kmのコースを2本、そこそこ良いタイムで登れた。しかし午後4時くらいで頂上は12℃、下りが辛かった。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170904211827j:image

少し膝に違和感があったので3本目は回避、就寝前のマッサージは入念に行った。

土日の練習のボリュームは低めだったので今週は平日もしっかり練習したい。

 

8月を振り返って

8月の走行距離は約1270km、これにチャリ通距離160km足すと約1430km

今年は8月中旬あたりから雨が多く実走よりローラーが増えた結果距離が減った。

8月のレースは乗鞍のみだが減量を自分比でかなりしっかりやったことと、長い距離をミドル強度で乗るより短い距離で高強度の練習を中心にやることが距離が少ないことの原因と思われる。

 

肝心の乗鞍は11位と奮わなかったが力は出し切れた。レース中にああすれば良かった、こうすればもっと良くなったとかは殆どない。逆に言えば上位との力の差は歴然としていた。優勝した森本さんとのタイム差は2分23秒、だが体感的にはもっと実力差があるのは肌で感じた。

 

とりあえず自分がやることはパワーの絶対値の向上及び機材の軽量化、来年の乗鞍は優勝目指して頑張りたい。個人的にはスタートを前の方で並ばせて貰ったのはかなり利点だと感じた。今回の乗鞍の成績では前に並ばせてもらえないだろうから美ヶ原でも最低限入賞を目指して頑張りたい。

さて、明日から9月、9月のレースは山形村ヒルクライム赤城山ヒルクライム山形村ヒルクライムは学連のレースに社会人が乱入する形、練習レースの位置付けだ。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170831220928j:image

去年も出たのでチラシにもチラリと

去年のレースは昔から愛している広島カープが25年振りの優勝を東京ドームで果たした歴史的な試合を観戦後、終電で富士見駅までしか行けず駅のパイプ椅子で寝て、始発で松本駅、そこから自走で自宅、嫁さんにレース会場まで送ってもらうハードコアだったので今年はゆとりを持ちたい。(今年もカープ優勝してね)

 

赤城山ヒルクライムは今年1番狙ってるレース、減量も多少入れながら9月はFTPをもう一段あげたい。

 

 

 

第32回 マウンテンサイクリングin乗鞍

ホビーヒルクライマー日本一決定戦とも言えるこのレース、自分はチャンピオンクラスにエントリー

 

ホビーレースなので6.8kgの重量規制はなく上位勢は大体5kg中盤から前半の車重を占めている。

自分の車重は決戦仕様で6.8kgぴったり、ということで軽量化するのは己の身体。レースの10日程前から減量を開始、といっても朝と昼飯は普通に食べて夕飯だけ炭水化物を抜きタンパク質中心のボリューム少な目にした。それに加え長風呂、温泉、サウナなどをちょこちょこ入れる。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170827221726j:image 

54kgからよく落とせました。

 

レース前日は職場同期の結婚式、美味しいディナーを頂いてカーボローディング完了!

レース当日、3時38分起床、4時過ぎに出発、5時15分現着。6時に下山荷物を預けて6時10分から6時40分くらいまでアップ、スタート地点に向かう。

今年からチャンピオンクラスはネットタイムではなくグロスタイム計測、更に去年の乗鞍上位の選手、及び今年のツールド美ヶ原上位の選手は最前列スタートができる。一応自分も優先して前に並ばせてもらえた。

天気は快晴そのもので当然短縮なしのフルコース、レースに出るからには優勝を目指しているが自分より格上の選手は10人以上、極力無駄足は使わない意識でレースに臨んだ。

 

実力者の殆どが前に位置どっているので気持ちは楽、前目且つ先頭には出ないように走る。記憶が曖昧だが開始10分程?で森本さんがストップ、パンクか?と思ったがチェーン落ちだった。個人的にはよーし一つ順位上がったべと思った笑

しかし暫くしたら森本さんは集団復帰、それどころかそこから集団先頭でペースアップ、一気に集団が絞れ20名弱ほどになる。

もう自分としては只耐えるのみ、とにかく集団に食らいつく。そんな中でも矢部さんが積極的にアタックしていた。力の違いを感じる。

スタートから10km程の九十九折の区間はインターバルの連続、辛さの極み、集団は10人ちょい。位ヶ原(14km地点)までは、、、と粘るも12km地点あたりで集団から切れる。

その後は同じく集団から千切れた人同士数名で走る。途中、清宮さんが落ちてきたことに驚く。

ラスト2km地点から左脹脛が攣りかける、なんとか誤魔化すと右太腿が攣りかけ、それも誤魔化す。その後は順位の変動もなくゴール、タイムは57分37秒

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170827224507p:image

順位は11位、トップ10には入れなかった、減量はよく出来たが肝心のパワーが少し落ちてしまったかも、来年はそこも考えながら調整したい。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170827224932j:image f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170827224938j:image

天候に恵まれた大会だった

 

ゴール後は知り合いの方とお話し、優勝は森本さん、安定感抜群!!

入賞対象外者の特権とばかりに下山後は速攻で帰宅。それから奥さんとちょっと良いランチ、プール、温泉としっかり身体を回復させる。近場のレース最高や!

 

残るレースは少ないが、特に重要なのは赤城山ヒルクライム、更に状態を上げて臨みたい。来年は乗鞍はもう少し機材の軽量化が出来るといいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/11〜8/14 富山強化合宿

合宿とは銘打ったものの実際はお盆に伴い、嫁さんの実家に帰省したのでそのついでの練習、たまには海沿いを走るのも悪くない

 

8/11(金)

お昼に富山に行く予定なので朝練で568練に参加、北方面を80km程走り、無理しすぎずに帰宅。お昼過ぎに富山に出発、富山の嫁さんの実家に着いてすぐに嫁さんはお出かけ、自分も暇になったのでそこからすぐの登り、二上山にサイクリング、東西から登れる短めの山で楽しかった。20km程走り、この日は100km程走れた。

 

8/12(土)

4時半くらいに起床してすぐ練習に向かおうと思ったが生憎の雨、雨雲レーダーを見ると8時くらいには止みそうなので2度寝、8時45分くらいに出発。

この日は能登地方最高峰で富山県と石川県のほぼ境に位置する宝達山へ。最高峰といっても標高637mだそうで、超級山岳ではない。

この宝達山を登る宝達山HCというレースもあるらしい。折角なのでそのコースを走ろうと思い6時前に出発。宝達山は東西南と各方面から登れるコースでありレースコースは西側かららしい。嫁実家から向かう最短コースは東側のコースを登り頂上から西側に下り、再度登り返すコース。宝達山HCのコースだけしっかり走ろうと思うも東側からの登りが斜度はないが10km以上あり普通にチカレタ

西側に下り、すぐスタートするも終盤に垂れてstravaのKOMを数秒差で逃す体たらく、、、

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170817185442j:image

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170817190557j:image

タイムは悪いが景色は良い。

実力不足を嘆きながら帰路へ、、すると己の不甲斐なさを天が責めるように怒涛の豪雨、まぁ暑さが和らいで丁度いいわと開き直り帰宅、80kmちょい

午後は富山ダイワにてお買い物のついでに砂田弓弦氏の写真展に

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170817185007j:image

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170817185019j:image

良かったが展示スペースが少し狭かったのが残念。

 

8/13(日)

前日の雨中走行の影響で身体が少し重いが天気も良いので5時半出発、二上山東側をしっかり登り7分切るペースで自己ベスト(KOMは取れず)、その後、稲葉山という4km弱の登りをこなす。(こちらはKOM取れた笑)、宮島峡方面に下り再び宝達山を目指し、ベスト更新を狙う。しかし流石に疲労がありベスト更新どころかその1分遅れ、、ガッカリしながら帰路へ、最後に再び二上山に向かい西側からアタック、9分20秒程でベスト更新するもstravaでは信号待ちの時間も含まれていたようでKOMは取れず、、、残念〜

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170817185407j:image

稲葉山からの景色、頂上は牧場で兎をめっちゃ触れます。

 

8/14(月)

富山合宿最終日

この日は流石に山に行く気になれず海岸線を目指す。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170817191118j:image

この赤茶けた道こそ富山の道よ

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170817191151j:image

だが、それなりに流していると脚も回り始めてきたので付近に荒山峠なる6km弱の登りを頑張って登る、パワーは低いがKOMはラッキーで取れた。

そこからは再び海岸線を流す。途中で雨に降られるもあまり気にせず帰路へ。90km程走れた。その後は甥っ子と嫁さんとお墓参り、富山のお墓はかなり大きい、特徴的なものでした。

 

4日間で400km弱で山もしっかり登れて大満足の合宿だった。

好き勝手走られせてくれた嫁さん、サイクルジャージ等を毎日洗濯してくれて、毎日ご馳走を作っていただいた義両親にも頭が上がらない。ありがとうございました!!

 

 

 

8/5〜8/7 帰省チーム練

実家に帰省、チームの皆さんに揉んでもらいに、もといボコボコにされに笑

8/5(土)

参加者はチームからはアオキさん、スサキ、ゴローさん、ハマさん

ナルシマからナベさん、リオモから横塚、ミニストの坂下ってから才田さん大所帯

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170914235916j:image

都留のベイシア内にあるカフェを目指すトレーニングとのこと。

道志経由で向かうが、暑さもあり途中でゴローさんとハマさんは離脱、道坂峠はソロリとペースを上げるも横塚に千切られる、こちらがインナーで登る坂も彼はアウターでサクサクと、JPT片岡ロードの優勝者は伊達じゃないわ。久々に横隔膜が張る痛みに耐えながら登坂、自分より強い人と走らないとここまで追い込めない。

その後は都留のブリッコカフェで大休憩、翌日の美鈴湖トラックで行われるレースに自走参戦する才田さんはここでお別れ。 その後は雛鶴峠を裏から淡々と登る、アオキさんにアタック!と言われたので先行するが横塚にアッサリ交わされる。この後輩、手加減なし笑

その後は久々の長距離と強度で微妙に千切れながら帰路へ。乳酸菌ソーダが美味い

184km TSS360 流石に青田クラシックは回避、、、

 

8/6(日)

今日の参加者も昨日とほぼ変わらず

チームからはアオキさん、スサキ、サラ足のたつろー

リオモから横塚、ナルシマからナベさん

ナベさんはミニスト大遅刻して来たが瀕死の状態、だがしかし、少しすれば復活することは我々は知っているのだ笑

コースは定番の三増〜半原越〜土山〜青田クラシック

三増は入りから頑張る、たつろーがついてくるが程なくして千切れ単独走、たつろーは就活明けで脚がそれなりで後の皆は昨日の疲労が色濃い。自分は前日に水風呂入っていたのでかなり疲労感は少なかった、水風呂最高!

調子に乗れたのはそこまでで半原越と土山は横塚に競り負ける、ただ昨日より身体が登りに適応している気がする。案の定ナベさんが復活している笑

暑さにやられながらゼブラカフェで休憩、その後は気合いの青田クラシック、横塚に千切られてナベさんにも差し切られる汗

疲労感満載の130km、TSSは294、帰宅後可及的速やかに水風呂に飛び込んだ。

 

8/7(月)

 お休みを頂いたので三連休、水風呂効果をあまり感じることが出来ないほど身体がダルい。ここまでダルいと返って身体を動かして血流を無理矢理流した方が回復は早い、ということで名栗方面へ

山王峠経由で山伏峠を目指すが、やはり疲労が顕著、ただただダルい

山王峠だけ少し踏んでみるも撃沈、山伏峠は諦め、小沢峠経由で帰宅。

73km  113TSS

 

この3日でコンディションが上がった気がする。これからのシーズンも頑張りたい。