武士の武に俊敏の敏 ~From安曇野~

安曇野での自転車トレーニング日誌

ツールド美ヶ原 チャンピオンクラス 6位

直近2レースでどちらも落車して、練習量も落ちてしまった中で落車の心配が少ない地元のヒルクライムレースに参加、会場からチャリで30分で着く近さ。

ヒルクライムの中でも距離21kmちょいで変化に富んだレイアウトで一定勾配を淡々と走るのが好きな自分にとっては苦手、正直家から近くなきゃ出ないかもしれない笑

試走を兼ねてレース前には今年に入って練習で5本ほど登ったが調子も悪く、自己ベストの64分台どころか70分切りも出来てなかったので自信はない。

自分がでるチャンピオンクラスは7時半スタート、4時10分には起床して4時半に軽い朝食を済ませる、予報通り雨が降っていたので6時過ぎに車で会場入り、下山用ホイールと荷物を預ける。雨も小雨になり最終的にスタート前には止んだ。

今年から運営母体が変わって、スタート前に有力勢を前に並ばせてくれる。自分は去年この大会では7位だったが去年のトップ10くらいまでコールして並ばせてくれた。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170625234729j:image

Twitterより拝借

有力勢はパパクライマー大久保選手、ヒルクライムの強豪兼松選手が大本命、他にも今年のツールド八ヶ岳で負けた中村選手、加藤選手辺りはなるべく付いていきたいところ、

定刻通り、レーススタートするが序盤はスローペース、路面がウェットでグレーチングも多いので皆慎重だったのかもしれない、松本工業高校兼イナーメのイツキがアタックしていた。自分もとりあえず前に合流してちょっと目立とうとする。序盤から激坂なので自分のペースで先頭を走る、途中で去年のJPTでのチームメイト板子さんともご挨拶、そんな中で大久保選手が一番急勾配のところでアタック、それに合わせた加藤選手が更に先行し、加藤選手の一人逃げ状態になった。

この時点で自分は早くもキツめ、後ろから来た兼松選手率いる4名?にも抜かれ、宿谷さんと天狗党の森田選手にも抜かれてこの時点で入賞圏内の6位からも脱落、ここからは練習だなと切り替える。

しかし淡々と垂れずに走っていると良いこともあり、メイン集団から板子さんと宿谷選手が落ちて来た。3人で走っているが自分が一番余裕があり勾配のゆるい区間でアウターにちょこちょこ入れてペースアップしていると中間地点で再び単独に。これで自分の順位は8位くらい、溢れて来た人を拾えば入賞くらいは行けるかもと欲が出てくる。

この辺りから霧が非常に濃くなり視界が前方10mくらいになる。16km過ぎの下り区間は本当に見えなくて初見のコースだったら本当に危なかったと思う。この辺りで前で超安全運転をしていた森田選手を抜けた。地元の利が活きた笑

この後は誰も抜かずに後続に抜かれないように走ってゴール、タイムも64分台と今の自分にしてはまずまず。ゴール後に分かったが5位とは2分ほどしっかり離されたがなんとか6位入賞出来た。完全に運が良かった。最後の森田選手を抜けたのは完全に霧のおかげだったと思う。優勝は順当に兼松選手、2位は最近実業団はウォークライドでブイブイ言わせてる高橋選手、3位に大久保選手だった。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170625234206j:image

天気も回復して表彰式に臨めた、タイム差的にかなり離されたけど入賞は入賞ということで汗

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170625234210j:image

今年も豪華賞品、松本の水は美味いぞ〜(棒)

 

他にも568の方やイナーメ、信大のお知り合いも多数入賞していて良い大会だった。また来年も出たい。ただ、あと3分はタイムを縮めないと、優勝争いには絡めない。

 

 

JPT 那須ロードレース(GDR試乗会)

今年2回目のJPTのレース、土曜にクリテ、日曜にロードレースの2daysだが自分はクリテ向いてないのでロードのみ参加

 

2週間前の国体予選で落車したが、その傷の影響もなく、それなりに練習も積み、ロードレースを想定して短めのインターバルトレーニングも盛り込めた

今回のレースは駅からすぐが会場のため、電車でGo!

実家から車で送ってもらい大宮駅に着く。新幹線で那須塩原駅まで、そこから在来線を乗り継いで会場の最寄り駅である黒田原駅まで1時間15分程とかなり移動は楽、那須塩原駅からはゴローさんと一緒になり8時ちょいには黒田原駅着。

8時40分まで試走が出来るので一周軽く、印象としては宇都宮ロードのコースの登りを長めにしたような感じで非常に良いコースに感じた。下りもイージーだし、イージーだし、、、

 

JPTカテゴリのレースは11時40分にスタート、一周7.1kmのコースを15周で約105kmの距離を走る

那須町役場前をスタートするが、那須町職員のチームメイト、松崎さんが運営に参加されていた。ありがとうございます。流石です!久々に話せて嬉しかった

 

で、肝心のレース、そんなに書く内容はございません。愚痴しかございません。

スタートしてすぐの下りの右コーナー、集団のやや前方で2名の選手が接触して落車、自分のすぐ前で、、、

 

 

いやはや、、、

確かに一番悪いのはそこにいる自分、そんな位置にしか存在できない自分です。しかし、スタートしてすぐのコーナー、アタックも掛かってないところであんなに車体を傾ける必要があったのか、某チームの某選手、、、

下りということでスピードも60km/hほど出ており、集団も大きかったこともあり、こけた後もかなり後続の選手に追突されて2週間前の負傷も癒えた左半身を再び削る、、、しかも今回はチャリもダメージ、エンドががっつり曲がり変速がかなり制限された。幸い骨折はなかった。これはマジで不幸中の幸い!

とりあえず再び走り出すが、凄いニュートラルな雰囲気、アンカーのチームカーに抜かれざまにニュートラルかかってるからスタート地点あたりで集合して再スタートとの旨を伝えられる。しかし変速やばいんだよなぁと後ろを振り返るとマビックカーが!手を上げてメカトラを申告するとすぐには直せないから代車(GDRのフレーム)を貸してもらった。有難い!しかし一番小さいサイズ、一番低いサドル高でも短足の自分にはデカ目、、、そしてコンポは初めてのスラム、、、えっちらおっちらスタート地点に戻る。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170612001854j:image

ツイッターから拝借m(_ _)m

 

とりあえずチームメイトの皆さんと合流、自分以外は無事で良かった。サドル高のことを話すと一緒にいたフィッツの安藤さんの素晴らしいアイデアで更にサドルを下げることに成功、なんとか走れる状態になった。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170611183915j:image

本日の愛車

 

結構な人数が負傷やメカトラに陥いったので再スタートの時間までかなり時間が空いた。とりあえず自分も救護エリアに向かい応急処置をしてもらう、助かりました!

 

その後再スタート、下りはローリング、その後リアルスタート、なんとか1周付いて行くがその次周の下りでビビって最後尾に、下り終わりの左コーナーでインターバルがかかるが、慣れないスラムで2段階シフトダウンするつもりがシフトアップして集団から切れる。その後2周ほぼ単独で走って赤旗、DNF、、、

レースの内容はこんなもので非常にしょっぱい結果である。万全の状態でどこまで付いて行けたかは分からないがかなりサバイバルな展開になったのでどちらにしても完走は難しかったと思う。

レース後はチームメイトやフィッツの方等に治療をしっかりしてもらい大変助かりました。次回からは自分も念のための簡易医療セットを携帯したいです。

 

ただ、ここ4週間で2回のロードレースで2回の落車、社会人で嫁さんもいて、これからは更に責任も増える予定の自分としてはこれ以上の落車は避けたい。

そう考えるとこれ以上の競技の継続は難しい、とりあえず今年はロードレースは出ないと思う。(ヒルクライムに)切り替えていく。一応JPTでも宮田と赤城山ヒルクライムがある。チームのために出来ることは少ないが、まだある。

自転車自体をやめることは全く考えられない。多分レースもヒルクライムとかは死ぬまで続ける気がする。

 

帰りは那須から安曇野まで再び輪行、大宮までマトリックスの土井さんとアイランと同じ車両になる。土井さんにはクラッシュマンと命名されてしまったが別れ際には早く怪我治せよと握手してくれた。色々傷付いてしまった自分には有難く、ちょっと泣きそうである。

早く身体を治し、チャリを直して、また頑張ろう。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170611190235j:image

長野駅にて立ち食い蕎麦、染みるぜ!

 

 

 

 

 

5月を振り返って

5月はGWもあり序盤は距離をしっかり乗り込めたが、中盤以降はレースが2回あり週末に乗り込めなかった、トータルで1656km。これに通勤でもCXバイクに乗ってるいる。計算すると大体150kmほど、合計で1800kmと自分的にはよく乗れた。

6月はJPTの那須ロード、ホビーレースの美ヶ原ヒルクライムの二レースに参加予定、土日をしっかり走るのは当然として、平日にどれくらい乗れるかでこれからの調子も変わるのでしっかりやりたい。特にインターバル的な練習を那須ロードまでにちょこちょこやりたい。

 

 

長野県国体予選ロード

去年も参加した国体予選ロード、去年は木祖村の味噌川ダムの周回コースだったが去年の崖崩落の関係で場所が変わり木島平のクロスカントリースキー場のコースで行われた

切山さんの車に乗せてもらい(感謝!)木島平のコースを試走すると、登り下りがはっきりしてコーナーも難しくない木祖村と異なり、コースも狭くて登り少なめでコーナーが多いクリテみたいなコースと感じた

 

去年と同じく少年と成年が同時スタートで少年が少し早めにゴールするパターンのやつ、去年より距離が伸び85km、一周3.4kmなので25周、長い、、、

参加者を確認すると、インタープロの選手やグランペールの今井さん、先週の2days 木島平で逃げに乗ったイナーメのキタザワ選手、スーパー高校生イツキ、信大は成年参加者29名のうち、13名を占める大所帯といった感じ

 

スタートギリギリまでダラダラしており、1周バイクが先導してからのリアルスタート!

練習レースなのでスタートから頑張る、コーナーが多く、後ろを苦しませるためにも先頭あたりをキープして立ち上がりでもがく。5周回あたりでインタープロの選手がアタックしたのでついていき、二人逃げや!と思ったら普通に辛くて後ろからキタザワ選手のコーナーの早さについていけず、千切れる、

自分の下手さ具合に辟易しながら集団に戻ると、自分のすぐ前にいたイツキがパンクしていた、インタープロの前の選手もパンクで離脱するが再びニュートラルで復帰。イツキもニュートラルで復帰後、逃げ二人にブリッジしていった

本日のレースはニュートラルがあるのでパンクや落車があった場合はスタート地点に戻れば周回遅れの扱いなしに復帰できることがレーススタートの直前にアナウンスされていた

自分の最大の失敗はスタートに行くのがギリギリでそれを知らなかったこと

 

だから周回遅れの二人、キタザワ選手がいるので不思議に思っていた(アホすぎる)

その後は暫く休憩と10周ほど集団でのんびりしていたが50kmあたりのコーナーで砂利を踏んで滑って落車、、、

怪我は擦過傷のみだったが前述したニュートラルの存在を知らずに急いで追走したが集団に着けず、DNF、しょぼい結果になった、自分のテクニック不足はもちろんだが今回は後輪の空気圧を7.5気圧くらいと自分の体重からすればかなり高めに入れていた。落車後ついでだからと空気圧を落として走った時はコーナーとか滅茶走りやすかったし、、、

今度からは6気圧ちょいで行こうと思う。

レースの結果は少年、成年どちらも逃げが決まり、少年の部はイツキ、成年の部はインタープロとキタザワ選手のマッチスプリントの展開でキタザワ選手に軍配

お二人とも素晴らしい走りでした。

自分もまた一から頑張ろう

 

 

 

 

 

 

 

信州高山ヒルクライムチャレンジ2017

5/21(日)

去年も参加して優勝できたレース、この日は蔵王ヒルクライム榛名山ヒルクライム、長野県内だけでも、2days 木島平ロードレース、王滝のMTBレース、車坂峠ヒルクライム、そしてアルプスあづみのセンチュリーライドetc.etc...とサイクルイベントが目白押し!

かなり参加者が分散されただろう、、、

交通費の面、昨年の印象から自分は高山村を選択、エントリー費も4000円と他と比べて安めでこの時期に20km近くの距離をしっかり登れるヒルクライムはなかなかない。

当日は5時半起床、6時出発、車で一時間ちょいで会場に着く、当日受付をしてエントリーリストを見るとあまり有名な人はいなさそう

アップは20分ほどコースを試走、スタートは9時予定だったが5分巻きで8時55分スタート、少し飛び出して見るが初めから脚が重く、ゲンナリする

急勾配区間で集団に戻るがペースがスローなので再び抜け出し、後は淡々と独走、なんとか逃げ切りました。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170523002151p:image

嬉しかったのが、去年の自分のタイムより15秒だけ早かったこと、去年より少しでも強くなったと思うと日頃の練習にも力が入る。

表彰の景品は高山村で使える商品券1万円と高山村原産のシャルドネワイン、去年は2万円だった気がするけど、頂けるだけ嬉しい!笑

お昼には表彰も終わり、参加賞で貰った温泉のタダ券を使って汗を流し、14時半前には帰宅、距離的には物足りないので17時半から1時間半程近所をサイクリング、ハンガーノックギリギリで帰宅。

ヒルクライムレースがある日でもトータル100kmほど走れて大満足でした

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170523002919j:image

 

GW練

自分にとってのGWはカレンダー通りに5/3〜5/7の5連休、とにかく乗り込もうと実家に帰省し、チーム練に積極的に参加。

 

5/3(水)

チーム練は軽めのメニューなので自分は個人練にシフト、懐かしの和田峠から大垂水峠を経由して帰宅。和田峠のタイムはストラバで14分10秒、7時半くらいに登り口に着いたがハイカーが既にたくさんいて抜かすのに気を使った。大垂水は淡々と走り9分半で登り切る、下りでチームメイトのスサキとすれ違う。相模湖手前から対向車線が大渋滞、流石GW初日といったところ。

112km、TSS231

 

5/4(木)

チーム練に参加。メンバーはゴローさん、スサキ、途中参加途中離脱で田所さん、コウさん。

行き先は雛鶴、基本淡々としたペースだがやや長めの登りでスサキが強い。シッティングでクルクル回されて辛い。

ほとんどゴローさん、スサキ、自分の3人の少人数で走ったので休み所が少なくきつかった。帰りにオーベストに寄り道したので更に距離が嵩んだ、、

173km、TSS396!

 

5/5(金)

この日もチーム練に参加。

メンバーはゴローさん、スサキ、途中離脱でエトーさん、なるしまからナベさん

コースは三増〜半原〜土山〜宮ヶ瀬湖〜南山林道、距離を抑える代わりに登りを増やした感じ

自分としてここまで疲労の影響を感じずに走れた。登りも全ての峠でそれなりに踏めて感触は悪くない。南山林道は初めて走ったが良いところで高すぎるサドル高を改善したナベさんに差される寸前で先着。暑かったのでラッテでジェラート補給、その後珍しくハンガーノックになったナベさんのために野猿街道でラーメン補給、しっかり食べたのに体重は52kg台に突入しGW前から2kgくらい落ちてしまった。

129km、TSS312

 

5/6(土)

この日は午後から予定があるので早起きして個人練へ

最初はヤビツ峠に行こうかと思ったが距離があるし、帰宅時間の都合上、出発が4時半くらいになるので再び和田峠

今度はハイカーが来る前に登れて良かったが肝心の脚が終わってる、、

タイムは14分半と前回よりも遅め、、

反面帰りの大垂水は脚が回るようになり、9分8秒で前回よりはマシなタイム

この峠二つ以外はゆったり帰る。練習終わってマッサージ受けて減った体重を補うために5000kcal以上は食べた気がする。

111km、TSS210

 

5/7(日)

GW最終日、この日のメンバーはゴローさん、スサキ、アオキさん、そしてナベさん

コースは雛鶴〜甲武トンネル

UKYO合宿所の登りでアオキさんのアタックでボコボコにされる、やっぱり強いわ

そこから甲武まではナベさんの牽きが強くてヘロヘロ、甲武だけは距離の長めの登りなので先着、その後の下り区間ではナベさんに1回千切られ、疲労困憊の極み、最終日が最もキツイ練習になった気がする。

帰宅後は急ぎめで松本までの高速バスのバス停まで自走、松本から安曇野まで自走、良いクールダウンになりました。

190km、TSS389

 

GWの5日間で、700km以上で強度も高く乗り込めた。明日は休んで、軽めの練習から再開してコンディションをどんどん上げていきたい所存です。一緒に練習してくださった皆様に感謝m(_ _)m

 

4/16 ツールド八ヶ岳

今シーズン初ヒルクライムのツールド八ヶ岳、今回初参加だが自宅から車で1時半ちょいと近くて助かる。

国道で日本第2位の標高を誇る麦草峠を目指し、25km(実際は23kmちょい)平均勾配約5%の緩斜面を走るコースレイアウト

当日エントリーリストを面子が濃い、ゲストライダーのマトリックスのホセと田窪選手を筆頭に優勝候補のグランペールの田中さん、E1ヒルクライムでよく勝ってる中村選手、そして全く参加を知らなかったチームメイトのヒラバヤシさんetc.と盛りだくさん

当日は天気も良くローラーでアップする予定だったが実走することに、コースの序盤を試走を兼ねて走る、身体は思ったより動かないしパワーが出づらい、標高の影響と思うことにする

スタート地点ではヒラバヤシさん達とおしゃべりしながらリラックスしてスタート、展開はシンプル、ホセの一本牽き、それだけ、途中ヒラバヤシがスルスルと上がって行くのに合わせて自分も前に上がるが、開始5分で超辛い、前はホセ、田窪選手、田中さん、中村選手が抜け出し、3位集団に残るも、開始10分でそこからも遅れる、最終的にヒラバヤシさん率いるパックで走る時間が最も長く、最後も垂れながらゴール、順位は12位と大惨敗、、、会陰部がとにかく痛かった、サドルが低すぎるのか?

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20170417210046p:image

優勝は田中さん60分台、オープン参加のホセは59分台で一時間切りを宣言通り達成、凄い!!と同時に自身の力不足を痛感しながら下山、スタートから15km地点で表彰式があるが自分は表彰対象でもないのでヒラバヤシさん達と下山、表彰対象外の者の特権とばかりに速攻で帰宅。2時半くらいには帰宅し、反省走に繰り出す。途中でサドルを3mmほど上げると良い感じに走れた。今年はポジションを頻繁に弄っており、完全に沼にハマっている、早く自分に合ったポジションを見つけたいところだ

今後はとにかく練習のボリュームを増やして高い強度を長い時間過ごせるようにしなければ!