読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武士の武に俊敏の敏 ~From安曇野~

安曇野での自転車トレーニング日誌

6/25 ツールド美ヶ原

 家から最も近所のレース、スタート地点までチャリで30分ほど、
去年はタイムは64分半ちょいで6位、今年の目標は当然、優勝。なのでタイムは62分は欲しい所

だがしかし、調子はイマイチ
去年の6月は実業団E1で栂池ヒルクライム、富士あざみヒルクライムでどちらも2位、そして美ヶ原は6位と優勝こそなかったが調子は良かった。
この要因は去年の5月末にあった木祖村のレースが良い刺激になったからだと感じる。
あのレースに向けて5月はしっかり乗り込みまたレースでも距離強度共に積めた。(成績は聞かないで笑)
今年は結婚式もあり、木祖村も出ず、練習もそれに伴い、あまり積めてない、、、

現実的には去年と同じくらいの成績を上回れるか微妙なところ、、
レース前2週間前から3回ほど試走、しかしタイムは70分丁度くらい、去年は単独試走でも68分くらいだったのでやはり微妙なタイム、本番の覚醒に期待笑

レース当日、自分は自走で会場入り、前日受付をしてくれたウッチーさんご夫妻と合流しようとしたところ、ウッチーさんがチャリでレース会場入りする途中にメカトラでレース時刻に間に合わず、、、ZIPPの後輪が逝ってしまったそう
カナさんだけ先に来ていただいてゼッケン等を受け取る、ちなみにウッチーさんはチャンピオンクラスでエントリーしていたが怪我もなくスタート最終組と一緒に走らせてもらえたようで不幸中の幸い。。
エントリーリストを見ると、ヤベさん、オオクボさん、ミヤケンさん、タケダさん、イヌイさん(DNSでした)etc.で自分が入賞ラインに入れるかはかなりギリギリ、うわぁ、頑張ろう、、笑

レース展開は非常にシンプル、スタートして直後の劇坂でカトウ選手、ロッキー選手の2人が飛び出して、それをヤベさんが吸収して単独走、オオクボさんが追走、それをミヤケンさん、タケダさん等と追うも自分は千切れてしまう、
距離にして2km?くらいの出来事、やはり実力不足が顕著に出てしまった、前は6人で自分はややオールアウト気味で走っていると、後ろから3人合流、4人で前を追う、しかし協調があまり出来ず、美鈴湖の平坦付近もローテせず坦々と、、、、ミヤケンさんが一人見えるのでペースを上げると自分一人になる
なんとか入賞を、と頑張るもむしろ離され、7位フィニッシュ、タイムは66分半ちょい?、撃沈!!!

武石峠からの下り区間の霧が濃すぎて、地元のコースで良かったと思った。
優勝はやはりヤベさん、今年こそ乗鞍勝つのでは、と期待してしまう走りでした。上位3人は61分台の好タイム、そこで勝負したいし、する為にはやはり練習だな、頑張ろう、頑張るぞ!!

自分の走りはダメダメでしたが今回はお知り合いの方々が多数、入賞、優勝、自分も負けてられません。

f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20160704184744j:image
ごとうさん、小西さんおめでとうございます!
f:id:t_hasegawa-from-Azumino:20160707234626p:image
あと5分縮めます